So-net無料ブログ作成

ニチニチソウ [ピンクの花]

2017-07-30T13_47_59-e5b75.jpg

2017-07-30T13_47_59-986e0.jpg
○撮影日 2017年7月20日
○撮影場所 大阪府大阪市阿倍野区

○興味を持った理由
マンションの花壇に咲いていて、
他の花より大きくて可愛かったから。

○ニチニチソウについて
キョウチクトウ科ニチニチソウ属。
原種は小低木。
一般には一年草として
観賞用に改良された品種は直立するものが多い。
花は直径3~4センチ程度で、花弁は5裂し、
中心のみ色が違うものもある。
葉は長楕円形で対生する。

○育てるポイント
初心者向きの花で、日当たりの良い場所で
水をあげていれば
これと言ったことをしなくても毎日咲く。
苗の葉っぱが8枚以上になったら、
摘芯をすると株が大きくなる。

○花言葉
若い友情、楽しい追憶、生涯の友情
○樹高
種類によって違うため、10~80センチ。
○花の色
ピンク、白、赤、赤紫

*5~11月に咲くため暑さに強く、寒さに弱い
*原産地はマダガスカル。
*名前の由来は「1日ごとに新しい花をつけるから」
*全草にアルカロイドという有機化合物を含み、
 特に、抗悪性腫瘍薬として注目されている。

○絵本
「きになるともだち」

作者 内田麟太郎
出版社 偕成社

あらすじ
おおかみさんが恋しちゃいました。
気になって気になって、
頭の中がほっわほわのとんちんかんのお花畑。
そんなおおかみさんを友達が温かく見守るお話。

選んだ理由
話がとても可愛くて、怖いイメージのおおかみが
とても愛らしかったから。
そして、そんな恋するおおかみのことを
見守る友達の優しさが感じられ、
ニチニチソウの花言葉とぴったりだと思ったので選びました。
色とりどりの花が描かれているページが
とても印象的な絵本でした。

by P(16094)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ヒマワリ [黄色の花]

image1 (640x480).jpg

image2 (640x480).jpg
○撮影日  7月21日
○撮影場所 松原市

○興味を持った理由
この季節の中で一番好きな花だから

○ひまわりについて
キク科ヒマワリ属
原産地 北アメリカ大陸西部

特徴 矮性種から高生種まで背丈の幅が広く、
花の大きさや咲き方も様々。
花は一般的な黄色だけでなく
濃いオレンジや薄黄色、白などもある。

一重のほか八重咲きの品種もあり、
花芯の大きさでも違いがある。
頂部に大きな花を咲かせる一輪咲きの種と、
花はやや小ぶりながら自然に分枝する枝咲き種がある。
イメージ通り暑さに強いのですが、
葉が大きくて水分の蒸散が激しいので乾燥には弱い。
タネで育てる高生種は庭植えに向く。

○絵本 「ひまわり」

作者 和歌山静子
出版社 福音館書店

○あらすじ
地面に一粒の種が落ちた。
お日様の光をいっぱい浴びて、
芽が出て、茎が伸び、葉が出て、
どんどこどんどこ伸びていき、
大きな大きな花が咲く。
生命力あふれる絵本。

○絵本を選んだ理由
作者の方が好きで選びました。
絵が見やすく、
小さな子どもたちでも見ていて
楽しい絵本だと思ったからです。

By しふぉん(16175)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

コスモス(センセーション) [ピンクの花]

2017-07-22T21_52_23-30a5d.jpg

2017-07-22T21_52_25-c51a7.jpg
・撮影日 7月16日
・撮影場所 東大阪

・興味を持った理由→綺麗に咲いていたから。

・コスモスについて
種類 センセーション
キク科コスモス属
・原産地 メキシコ高原地帯
・特徴 濃紅色、桃色、白色の
花径10センチ程度の大輪。
夏から花を咲かせる。
・花言葉 『調和』『謙虚』『純潔』

・コスモスにまつわる絵本
『たんじょうびにはコスモスを』

文:あまん きみこ
絵:土田 義晴
出版:ひさかたチャイルド
(本体880円)

あらすじ
きょうは、たぬきママのたんじょうび。
ママのすきなコスモスのはなを
プレゼントしたくて、
くるくるっ、くるくるっ!
にんげんの男の子にへんしんした、
タアくんとマアくん。
はじめてふもとの町の花やさんに
おりていきましたが…。

選んだ理由
コスモスに関する絵本がたくさんありましたが、
幼児でも読みやすく、
とてもかわいらしい絵と内容で
この絵本にしました。

by ぽき(16174)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

バラ [赤い花]

2017-07-22T21:48:48.jpg

2017-07-22T21:48:48.jpg
・撮影場所 (奈良県 馬見丘陵公園)
・撮影日 6月25日

・選んだ理由
公園で沢山の薔薇の花が咲いているところを
あまり見たことがなく
珍しく思ったので選びました。

・薔薇について
バラ科バラ属の落葉または常緑の低木で、
匍匐性または蔓性。
多くはとげがある。
色及び形、大きさも多種多様。
一般に5-6月が花の最盛期だが、
秋咲きのもある。

・絵本
『わたしの庭のバラの花』

作: アニタ・ローベル
訳:松井るり子
出版社:らんか社
発行日:1993年

あらすじ
これはわたしの庭のバラの花。
これはわたしの庭のバラの花に眠るハチ。
と、どんどん言葉を積み上げて、
画面が花でいっぱいになった時、
思いがけない幕切れになる。

感想
テンポのある言葉が読み聞かせする側も、
絵本を見ている子どもも楽しくなる絵本で
ページをめくるごとに
花と言葉が重なり面白かった。

by いちご(16118)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。