So-net無料ブログ作成
検索選択

シロツメグサ [野の草]

image1 (640x470).jpg

image2 (640x480).jpg
撮影日 4月29日
撮影場所 大阪府大阪市

〇 興味を持った理由
たくさん咲いていて春っぽいなと思ったから。

〇 シロツメクサについて
・シャジクソウ属
ヨーロッパ原産
・開花時期は4/20~8/15
アイルランドの国花で、牧草として用いられている。
・ふつうは葉は3枚だがまれに4枚つくことがある。

絵本
・「クローバーのくれたなかなおり」

・作者 仁科幸子
出版社 フレーベル館

・小さなことでけんかをして、
ごめんなさいが言いだせなくなってしまった
白いねずみと黒いねずみ。
四つ葉のクローバーを先にみつけたら
あやまってもらえると決めましたが、
いくらさがしても見つかりません。
そのうちふたりの心に見えてきたのは、
とっても大切なことでした。

・最初はあやまってもらうために
四つ葉のクローバーを探していたけれど、
探しているうちに大切なことが
見えてくるというところが
とても温かくていいなと思ったから。

by ぽむぽむぷりん(16205)

シロツメグサ [野の草]

2017-04-09T13-05-33-497c5.jpg

2017-04-09T13:05:32.JPG
撮影日   3月20日
・撮影場所 大東市

・シロツメグサについて
マメ科シャジクソウ属
・特徴
花序径は15ミリから25ミリくらいある。
小さな蝶形の花が球状の総状花序を作っているので、
1つの花のように見える。

・選んだ理由
幼少期から花冠を作ったり、
クローバー探しをすることに興味があったから。

絵本題名
『クローバーのくれたなかなおり』

・作者、絵 仁科 幸子
出版社 フレーベル館

・絵本あらすじ
仲良しの白ねずみと黒ねずみは喧嘩をしてしまって、
互いに謝る事が出来ません。
とうとうクローバーを先に見つけた方が
謝らなくて良いことしようとなり、クローバー探しに出る。
しかしいくら探しても見つからず、
そこに猫がやってきます。
2匹はとっさに隠れました。
その時に考えた事は 同じでした。
互いに食べられなくて良かったという事でした。
猫が去った後、2人は素直に謝りました。

・選んだ理由
謝る事の大切さを絵本を通じて、
子ども達にも分かりやすく描かれているから。

by ばばたん(16070)

スミレ [野の草]

20170402_102301 (640x360).jpg

20170402_102237 (640x360).jpg
撮影日  4月2日
撮影場所 西宮市

選んだ理由
道端に元気に咲いていたから。
雑草として抜かずに
花がさくのを楽しみにしていたから。

スミレについて
スミレ科 スミレ属
春の野草で、深い紫色の花を咲かせる。
5枚の花びらは大きさが同じでなく、
下側の1枚が大きいので、花の形は左右対称になる。

北海道から屋久島までの日本列島に広く見られる。
国外では朝鮮、中国からウスリーに及ぶ。

山菜としても利用されている。
葉は天ぷらにしたり、
茹でておひたしや和え物になり、
花の部分は酢の物や吸い物の椀ダネにする。

ただし他のスミレ科植物、
例えばパンジーやニオイスミレなど
有毒なものがあるため注意が必要である。

菫は、昔から人々になじみのある花だったんですね。
たくさんの歌に歌われています。

万葉集、山辺赤人。
春の野にすみれ摘みにと来しわれそ
 野をなつかしみ一夜寝にける

良寛
春の野にさけるすみれをてに摘みて
 わがふるさとをおもほゆるかな

与謝野晶子
きけな神恋はすみれの紫に
 ゆふべの春の賛嘆のこゑ

やはり、与謝野晶子さんは情熱的!

by きりたん

ヒメオドリコソウ [野の草]

2017-03-17T13 14 38-1df97.PNG.jpg

2017-03-17T13 14 39-6f065.PNG
撮影日、場所
3月8日、奈良県三郷町

選んだ理由
家の外の壁に咲いていて興味を持ったため

ヒメオドリコソウについて
シソ科オドリコソウ属、
林のふちや木かげ等に咲いている。
原産はヨーロッパであり若い葉は食用に、
また、フランスでは化粧水の材料として使われている。
花の形が、笠をかぶった踊り子の姿を
思わせることから付いた名前である。
3月から6月にかけて
白やピンク、黄色がかった花を咲かせる。

ヒメオドリコソウに関する絵本
絵本の題名『野の花 絵本』

絵本の作者 前田 まゆみ
出版あすなろ書房

あらすじ
春から秋にかけていっせいに花開く
野の草花をイラストで紹介してあります。
花や葉を使った遊び、実のおいしい食べ方など、
草花の様々な楽しみ方がつまった絵本です。

絵本を選んだ理由
絵が綺麗に書かれてあり分かりやすかったため。

by まっしゅ(16173)

ねこじゃらし( [野の草]

attachment01.jpg

attachment00.jpg
撮影場所 藤井寺市

ねこじゃらし(エノコログサ)
イネ科のエノコログサ属の植物
一年生草本 ブラシのように長い穂が特徴

せかいいちのねこ

作 絵 ヒグチユウコ
出版 白泉社
2015/11/20

ぬいぐるみのねこのニャンコが
男の子に永遠に愛される為、
本物のねこになりたいと願って旅に出る話です。
ニャンコは本物のねこになるために
ねこのヒゲを集めます。
旅に出ている間
男の子が寂しがっていることを知り、
ぬいぐるみのまま家に帰る話です。

選んだ理由
猫と猫じゃらしをひっつけてみました。

by チョコレート(16107)

ススキ [野の草]

IMG_8518.JPG

IMG_8517.JPG
撮影日:2016/09/22
*撮影場所:熊取町

*興味を持った理由:
ただ一本だけ生えており、気になったから。

イネ科ススキ属で秋の七草の一つ。
秋の月見のおそなえとして欠かせないもの。

【中秋の名月】
(十五夜)には収穫物と一緒に供えられるが
収穫物を悪霊から守り、翌年の豊作を祈願する意味がある。
「すすき」は「芒」とも書き、
別名「尾花(おばな)」:花穂が獣の尾に似ていることから。
「茅(かや)」:民家の茅葺き屋根(かやぶきやね)は、
この薄などの茎や葉を用いて葺(ふ)いた屋根。

*ススキに関連する絵本
題名:『ぼくは すすき』

作者:細川剛
出版社:福音館書店

あらすじ:
写真家である作者が、散歩道で見かける川原の一株のすすき。
雨や風などの天候によって、
また朝日、夕日などの光の具合によって表情が変ります。
そして夏には花をつけ、秋には見事に紅葉もします。
愛着をもって一株のすすきと接した写真家はやがて、
すすきの声が聞こえ、
すすきに流れている時間が感じられるようになりました。
すすきの知られざる一年の姿を写真でおう自然観察絵本。

*対象年齢:5〜6歳向き
*絵本を選んだ理由:
すすきのいろいろな表情がこの一冊で見られると思ったから。

by 足軽1(16074)

ねこじゃらし [野の草]

無題b.png

無題c.png
撮影場所:阿倍野警察署前
撮影日 7月15日

エノコログサ(ねこじゃらし)
[かわいい]選んだ理由[かわいい]?
どこでも見かける事の出来る有名な雑草であり、
見た目も変わった形をしていて面白いなと思ったからです。
風が吹いた時の揺れ方がとても涼しい
雰囲気を感じることができるのが好きだからです。

[かわいい]ネコジャラシについて[かわいい]
ネコジャラシは全世界の温帯に分布します。
日本でも日当たりの良い畑地、荒地に分布します。
ネコジャラシの特徴は、茎が細く、
基部は少し地表は這い、節から根を下ろします。
夏には茎ぐ立ち上がって伸び、先端には穂をつけます。


絵本:『ノンタンこちょこちょ』

作.絵:キヨノ サチコ
出版社:偕成社

[かわいい]あらすじ[かわいい]
ノンタンこちょこちょねこじゃらし、
ぶたさんこちょこちょぶたじゃらし。
みんな野原に集まって、こちょこちょくすぐりっこ。

[かわいい]選んだ理由[かわいい]
ねこじゃらしの特徴である、触るとくすぐったいという感覚を
友達同士で楽しんでいてとても可愛らしい絵本だと思ったからです。

by あんこ(15091)

クローバー [野の草]

2016-05-29T19 37 39-4edf6.JPG

2016-05-29T19 37 38-14bfえ.JPG
▲▽撮影日 5/19
▲▽撮影場所 泉南市

▲▽興味を持った理由
小学生の時によく四つ葉を探したなぁと懐かしくなったから。

▲▽クローバーについて
セリ科の多年草。
山野に自生し、高さ約50センチ。
葉は3枚の小葉からなり、柄が長い。
夏、とうが立ち白い小花を多数つける。
香りがあり、若葉は食用。
江戸中期から野菜として栽培され、
糸ミツバ・根ミツバ・切りミツバなどが作られる。

▲▽クローバーに関する絵本
題名 『クローバーのくれたなかなおり』

作者 仁科幸子
出版社 フレーベル館

あらすじ
仲良しの白いねずみと黒いねずみはケンカしてしまって
お互いに謝る事が出来ません。
とうとう先に四つ葉のクローバーを先に見つけた方が
謝らなくていいことにしようと
クローバー探しに出かけますがいくら探しても見つかりません。
そんな気持ちで探しても見つからないよ、と
ミツバチコオロギにからかわれて、よけいに一生懸命探します。
そこへネコが来て二匹はとっさに隠れます。
その時考えた事はおなじ。
互いに相手が食べられなくって良かったという事でした。
すっかり日も暮れて素直に謝る事が出来ました、というお話。

選んだ理由
クローバーの絵本を探していたら
綺麗な絵で描かれていて心温まるお話だなと思ったから。

▲▽ だ(15017)

ツクシ [野の草]

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg
撮影日→2016年4月3日
☆撮影場所→三重県名張市

☆興味を持った理由
→歩いているとつくしがたくさん咲いており
季節を感じたため。

☆つくしについて
→つくしはシダ植物のスギナの胞子茎で
同じ根から別に生える栄養茎はスギナと
呼ばれお茶薬用酒として利用されます。
つくしは高さ10~15cmくらいで、
節々にかたいハカマをつけています。
荒れ地や土手など肥料の乏しいやせた
土地によく生えています。

絵本について
題名→『つくし』
作者→甲斐 信枝
出版社→福音館書店

あらすじ
→春の野原ににょきにょき立っているつくし
つくしの根っこはどうなっているのだろう
つくしがどの様に成長し、春になると地面
の中からにょきにょき出てくるのかをやさ
しく絵で解説してくれています。

選んだ理由
→つくしに関係する絵本を選んでいる中で
この絵本を見つけたとき、つくしの
成長過程やどのように出てくるのかなど、
分かりやすく絵で表されているので、
子どもでも大人でも楽しく読める絵本だな
と興味を持ったので。

by Tukushi(15012)

ヨモギ [野の草]

image2.jpeg

image1.jpeg
撮影日 2016年3月5日
◎撮影場所 和泉市

◎興味を持った理由
小さい頃に色水を作って遊んでいたのを思い出したから

◎ヨモギについて
各地に野生しているキク科の雑草で、
乾いた道ばたに、よく生えています。
香りが高い草で、万能薬草といわれるほど薬効が高く、
栄養価も高いことから、健康食として注目されています。
外用としても利用されています。
葉を木綿袋に入れて湯船に入れると、
高い温熱効果で湯冷めをしません。
腰痛、神経痛、痔の痛みにも効果が期待されています。

◎選んだ絵本
『もよぎだんご(ばばばあちゃんの絵本)』

作・絵 さとう わきこ
出版 福音館書店
発効日 1989年3月15日

◎あらすじ
ばばばあちゃんが
よもぎだんごを作ってくれることになりました。
野原に行くと沢山の…。

◎選んだ理由
ヨモギ以外にも沢山の野草がでてきて
沢山の野草を知ることができ、
今の子どもたちがあまり馴染みのない
ヨモギ料理などが知れると思ったから。

by みーちゃん(15108)