So-net無料ブログ作成
オレンジ色の花 ブログトップ

ナガミヒナゲシ [オレンジ色の花]

unnamed (480x640).jpg

unnamed (1) (480x640).jpg
撮影日:4月18日
撮影場所:大阪府大阪市

興味を持った理由:
色も派手だし、
よく見かけるけど名前は知らないと思ったため

学名:
Papaver dubium
ケシ科ケシ属
原産地:
地中海沿岸
特徴:
赤オレンジの4花弁
4〜5月に開花し、
15センチ〜60センチまで成長。

根と葉から周りの植物の成長を阻害する成分があり
繁殖力が非常に強い。(1つの果実に1500個の種子)
雑草として煙たがられている。

絵本:
『ひのきとひなげし』

作、宮沢賢治
絵、出久根育
出版社、ミキハウス

あらすじ:
ひなげしたちは、主役でなく
その他大勢でいる自分たちに飽き飽きしていました。
悪魔がやってきてひなげしたちに甘い誘惑をし、
まんまとひなげしたちはその策にはまってしまいます。
全てを見ていたひのきはそんなひなげしを諭し慰めるのでした。

絵本を選んだ理由:
ヒナゲシのタイトルでいくつか絵本を見つけましたが、
宮沢賢治の絵本があるとわかったので選びました。
子どもたちには少し難しいし、
読むのも大変そうでしたが
ダークな絵や表現の美しさ、
絵本の「ないものねだりせず、あるがままで良い」
というテーマに魅かれました。

by 雑草ラブユー(16160)

マリーゴールド [オレンジ色の花]

attachment01.jpg

attachment00.jpg
撮影日…1月5日
撮影場所…長野市(温室内)

花の特徴
キク科、別名カレンデュラ、
ポットマリーゴールドという。
花言葉が『別れの悲しみ』です。
原産が南ヨーロッパです。

背丈20〜50cm
横幅20〜30cm
八重〜千重咲きのマリーゴールド

絵本の題名…『みんなおいで』

絵本の作者…あまんきみこ
出版社…「こどものとも」160号

絵本のあらすじ
かんかん照りの暑い日、
庭で遊んでいたえっちゃんが
水を飲んでこようと走り出すと、
後ろから「みず みず みず……」
という声が追いかけてきて、
えっちゃんがホースで
庭のキンセンカに水をかけてやると、
花たちは大喜びで歌い出し
「えっちゃんの水はおいしいよ」と言いました。
すると、ハゲイトウやユリやダリヤなど
たくさんの花が次々と出てくるお話です。

絵本を選んだ理由
特にありませんが、キンセンカの絵本と調べた時に
これが出てきて少し面白かったから選びました。
あと、花言葉が少し悲しいものだなと思い、
興味を持ったからです。

by ちんすこう(16129)

マリーゴールド [オレンジ色の花]

2016-06-19T17 51 14-2012c.jpg

2016-06-19T17 51 52-ce44d.jpg
・撮影日:2016.06.09
・撮影場所:東大阪市

・興味を持った理由:オレンジ色が鮮やかで目を引かれたから。

・マリーゴールドについて:
キク科。
主に春に種をまき、夏~秋に花を楽しみ、
冬になる頃には枯れる一年草で、
色や品種が多く、比較的に育てやすい草花。


・関連する絵本:「ヒコリ はたけにいく」

・作者:いまきみち
・出版社:福音館書店

・絵本のあらすじ:男の子のヒコリは、お母さんと一緒に畑に行って
自分の畑を作ることにします。お母さんからもらった種を植え、
大きくなるのを楽しみに育てていると、
オレンジ色の花がたくさん咲きます。
船乗りのおじさんが帰ってきて、
大好きななぞなぞをしながら過ごしたあと、
その花で染めたシャツを着て、おじさんは再び旅立ちます。

・選んだ理由:
写真と同じようなオレンジ色のマリーゴールドが
絵本にも出てきていて、とても綺麗だと思ったから。

by まる(15118)

ナガミヒナゲシ [オレンジ色の花]

無題 (600x800).jpg

無題a (600x800).jpg
〇撮影場所:大東市
〇撮影日時:4/13

〇名前:ナガミヒナゲシ
〇ケシ科
紅色、もしくは肉色と評されるオレンジ色の花を付ける。
花弁は基本的に4枚だが、多少の変動がある。開花時期は4-5月。
高さは栄養状態によって異なるが、
15cmくらいから最大60cmぐらいにまで成長する。
茎には硬い剛毛が生えている。

ナガミヒナゲシは他のヒナゲシと同様、
阿片の原料となるアルカロイドを含んでおらず、
栽培は規制されていない。

〇選んだ理由
学校に行く途中に、沢山咲いていて、
小さくて可愛い花だったので気になったから。

〇絵本
「ぴょんぴょんぱんのかばんです」

文:香山美子
絵:柿本幸造
新日本出版社

うさぎさんが作った小さなかばん。
肩からさげると、ぴょん!と跳んでみたくなりました。
ぴょん ぴょん ぱん。
お花畑にどうぶつたちがやってきて...?

〇選んだ理由
私が持っている絵本で、絵が可愛らしく、内容も好きだから。
子どもたちも親しみやすい内容になっているから。

by あきねこ。(15081)

ポピー [オレンジ色の花]

ポピーにはオレオさんとことりさんが投稿したよ(^_-)-☆

popi- (800x800).jpg

無題 (800x800).jpg
○5/1(日)撮影
○撮影場所 兵庫県 淡路島 花さじき

○理由
花さじきに一面に咲いていてとても可愛かったから。

絵本
○題名 びっくりポピー
○作者 文:ガリッリ,A, 絵:カントーネ,L.A., 訳:大岡玲
○出版社 講談社

○あらすじ
マルタという女の子が
お母さんへの誕生日プレゼントに選んだのがポピーの花。
しかしそのポピーの花にたくさんのコオロギが
集まってきて鳴き声で近所は大騒ぎ。
結局野原に戻すことにしましたが……

○選んだ理由
起承転結があって読んでいてすごく楽しい絵本だったから。

by オレオ(15079)

無 (800x600).jpg

無題 (800x600).jpg
撮影日  5月5日
撮影場所 大阪市(鶴見緑地公園)

選んだ理由
風に揺られて可愛らしかったから。

ヒナゲシ(ポピー)
ケシ科
耐寒性の一年草で、草丈50cm~1m位になる。
葉は根生葉で、羽状の切れ込みがあり無毛である。
初夏に花茎を出し、上の方でよく分枝し、
茎の先に直径5~10cmの
赤・白・ピンクなどの4弁花を開く。

5〜6月頃に見られる。

絵本
IMG_7438.jpg
『フレデリック』

作者:レオ・レオニ
訳:谷川俊太郎
出版:好学社

あらすじ:
冬も近づくころ、5ひきのねずみは、冬ごしらえに
木の実やとうもろこしを集めたりとせっせと働いていた。
しかし、1匹だけちがう行動をするフレデリック。
「なぜ、きみははたらかないのかい?」と4匹のねずみはきく。
「ぼくは、おひさまの光をあつめているのさ。」
その次は、「ぼくは色をあつめるのさ。」
それから、「ぼくは、言葉ををあつめているのさ。」
そういいながら、冬が近づいてきた。
みんな、最初は楽しく、冬を越すが・・・
ながい冬にあきてしまった4匹のねずみがふと思い出した。
「フレデリック。きみがあつめたものはどうなったんだい?」
そしてフレデリックはある行動をとる。

理由:
発想が豊かで感心したから。

by.ことり(15111)

ナガミヒナゲシ [オレンジ色の花]

image2.jpeg

image1.jpeg
撮影日 4月20日
撮影場所 和泉市

興味を持った理由
いつも歩いている道に咲いていて可愛かったから

ナガミヒナゲシについて
紅色、もしくは肉色と評されるオレンジ色の花を付ける。
花弁は基本的に4枚だが、多少の変動がある。
開花時期は4-5月。
高さは栄養状態によって異なるが、
15cmくらいから最大60cmぐらいにまで成長する。

本の題名  『どのはないちばんすきなはな』

ぶん いしげ まりこ
え  わきさか かつじ
出版 福音館書店

選んだ理由
赤ちゃんにでも読み聞かせできて
カラフルな花の絵が印象的だったから

絵本のあらすじ
ぱーっとひらいた赤い花、ぴゅーんとのびてる白い花、
ダイナミックに咲く花、ゆうらり風にそよぐ花、可憐な小花……。
赤ちゃん絵本の定番『ぶーぶーぶー』の作者、
脇阪克二さんが庭先に咲く色とりどりの花を明るく軽やかな色彩で描きます。
生命力溢れる花々に添えられたみずみずしい文章も魅力。
春が待ち遠しくなる絵本です。

by アリエル(15078)

ポピー [オレンジ色の花]

image01.jpg

image00.jpg
○撮影日:4月16日
○撮影場所:和泉市

○興味を持った理由:
一輪だけだけど綺麗に咲いていたから

○ポピーについて
学名:Papaver
英名:Papaver/poppy
科、属名:ケシ科、ケシ属
開花時期:3〜5月

色とりどりの花を咲かせる。
生命力や繁殖力が強いので、育てる手間がかからない。
自然豊かな休耕地で、一面に広がるポピーを見ることができる。

○『フレデリック 〜ちょっとかわったねずみのはなし〜』
作、絵:レオ・レオニ
訳:谷川俊太郎
出版社:好学社

○あらすじ
仲間のノネズミが、冬に備えて食料を蓄えている夏の午後、
フレデリックだけがぼんやり過ごしていた…。

○選んだ理由
みんなで協力することが大切だと伝えられると思ったから。

by くまさん(15076)

ヒナゲシ [オレンジ色の花]

image1.JPG

image2.JPG
撮影日 2016 4月15日
撮影場所 熊取町

興味を持った理由
道路沿いにオレンジ色に
綺麗に咲いていたから。

ヒナゲシについて
耐寒草の一年草で、草丈50㎝〜1m位になる。
葉は根生葉で、羽状の切れ込みがあり無毛である。
初夏に花茎を出し、上のほうでよく分岐し、
茎の先に直径5㎝〜10㎝の
赤、白、ピンクなどの4花弁を開く。

ヒナゲシに関連する絵本
「ひのきとひなげし」

作者 宮沢賢治
出版社 三起商行(ミキハウス)

あらすじ
美しくあることにこだわるヒナゲシ。
その願いにカエルとバラの娘に化けた悪魔がつけこみます。
ヒナゲシ達を守ろうとする若いひのきが
上辺の美しさではない意味と大切さを教えます。
あるがまま生きることについて優しく説かれています。

絵本を選んだ理由
10代で美しく綺麗にと思う人も多いと思いますが、
自分自身を受け入れ、ありのままの自分を受け入れることの
大切さを教えてくれると思うから。

by ママ(15044)

オレンジ色の花 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。