So-net無料ブログ作成
検索選択

バラ [赤い花]

2017-07-22T21:48:48.jpg

2017-07-22T21:48:48.jpg
撮影場所 (奈良県 馬見丘陵公園)
・撮影日 6月25日

・選んだ理由
公園で沢山の薔薇の花が咲いているところを
あまり見たことがなく
珍しく思ったので選びました。

・薔薇について
バラ科バラ属の落葉または常緑の低木で、
匍匐性または蔓性。
多くはとげがある。
色及び形、大きさも多種多様。
一般に5-6月が花の最盛期だが、
秋咲きのもある。

絵本
『わたしの庭のバラの花』

作: アニタ・ローベル
訳:松井るり子
出版社:らんか社
発行日:1993年

あらすじ
これはわたしの庭のバラの花。
これはわたしの庭のバラの花に眠るハチ。
と、どんどん言葉を積み上げて、
画面が花でいっぱいになった時、
思いがけない幕切れになる。

感想
テンポのある言葉が読み聞かせする側も、
絵本を見ている子どもも楽しくなる絵本で
ページをめくるごとに
花と言葉が重なり面白かった。

by いちご(16118)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

チューリップ [赤い花]

2017-04-16T22:44:26.JPG 2017-04-16T22:44:26.JPG

撮影日:2017年4月9日
撮影場所:家(寝屋川市)

選んだ理由:
綺麗な赤色で他の花より目立っていたから。

何科何属:ユリ科チューリップ属の球根植物

特徴:
鱗茎は卵形で1本の茎が出て幅広い葉が数枚つく。
4.5月頃に大きい花を1個開く。
花色は赤色、黄色、白色、紫色など。
雄しべは6個、柱頭は3裂する。

花言葉:名声、思いやり、愛の告白

絵本:『チューリップのにわ』

作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社

あらすじ:
ティモシーとサラは庭にチューリップを植えるために
2人で球根を買いに行きます。
そして、帰り道に買った球根を転んで
籠からばらまいてしまいます。
それを拾っているとお父さんが迎えに来て
2人を抱いて帰ります。
次の日、球根を植えて家族仲良く過ごします。
とてもほんわかしていて温かい絵本です。

選んだ理由:
絵本の中の色使いや家族の温かみを
感じる絵本だと思ったからです。

by モカチョコ(16031)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ツバキ [赤い花]

無題.png

無題1.png
撮影日1月21日
場所 八尾市

興味を持った理由
咲いてるのを見て綺麗だと思ったから。

椿について
ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
照葉樹林の代表的な樹木。
成長は遅く、寿命は長い。
樹皮はなめらかで灰白色、
時に細かな突起がまばらに出る。
花期は冬から春にかけてにまたがり、
早咲きのものは冬さなかに咲く。

原産 日本

絵本の題名
『たろうとつばき』

作者 渡辺有一
出版社 ポプラ社

あらすじ
たろうのお母さんが倒れてしまい
東京の病院に入院することになりました。
椿油を作るお父さんは忙しくて
お見舞いに行けないため、
たろう1人で伊豆利島から
東京までの長い道のりを旅します。

選んだ理由
ツバキが出てくるから。

by たんぽぽ(16024)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

キンギョソウ [赤い花]

image1.JPG

image2(1).JPG
撮影日 1月7日
撮影場所:キリ短

興味持った理由:
寒いのに綺麗に咲いていたから!!!
綺麗な赤色だったから!!!

金魚草について:
その名のとおり金魚のようなはなです。
色は、赤、桃、白、橙、黄といろいろあります。
ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸を産地としています。

金魚草の花言葉は、清純な心、図々しい、でしゃばり、予知、欲望などがあります。

絵本:『きんぎょがにげた』

作者:五味 太郎
出版社:福音館書店

あらすじ:
きんぎょが、きんぎょばちから逃げて
いろんなところに行き隠れているおはなしです。
おや、おや、またにげた。
こんどはどこ?と何回も繰り返されているます。
庭の植木鉢の金魚草に隠れて
きんぎょがいたり楽しいお話です。

絵本を選んだ理由:
子供の頃好きだった絵本で今も家にあるから。
それと、高校の時ボランティアで保育園に行ったときに
読み聞かせて子供が真剣に聞いてくれた絵本だから。

by ちー(16056)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

セキチク [赤い花]

image1.JPG image2.JPG

撮影日 11月12日
〇撮影場所 大阪府大阪市

〇家の花壇に咲いていて
 真っ赤で一際目立っていたのでこの写真にしました。

〇セキチクについて
ナデシコ科ナデシコ属の観賞目的で
花壇、鉢物及び切り花用に栽培される多年草。
葉が竹に似ていることからこの名がついたといわれています。

〇セキチクに関する絵本
セキチクの花言葉に«いつも愛して»という言葉があります。
なのでこの言葉を聞きオススメしたい絵本があります。

『あなたをずっとずっと愛しています』

という本です。

これは親子の愛が書かれた絵本です。
ある日恐竜マイアサウラのお母さんは卵を拾います。
大事に大事に育て、生まれたのは、
マイアサウラの天敵のティラノサウルスの卵だったのです。
しかし、お母さんは大切に育てます。
名前をもらったティラノサウルスは
自分がマイアサウラと思いこんでいましたが、
ある日自分とそっくりの恐竜に出会い
それが本当のお父さんだということを知ります。
そこから愛の溢れる涙が止まらない話になっています。
みなさんも読んでみてください!

『あなたをずっとずっと愛しています』

作・絵 宮西達也
出版社 ポプラ社
発行日 2006年1月

by ポット(16188)

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

サザンカ [赤い花]

無題.png

無題1.png
撮影日 12月4日
場所 堺市

花が赤くて可愛いと感じたから

サザンカ(山茶花、学名 Camellia sasanqua)は、
ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。
童謡『たきび』の歌詞に登場することでもよく知られる。

漢字 表記の山茶花は中国語でツバキ類一般を指す山茶に由来し、
サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が
訛ったものといわれる。
もとは「さんざか」と言ったが、
音位転換した現在の読みが定着した。

絵本 『サザンカのさく小さな家』

作 岸武雄
新日本出版

あらすじ
おじいさんとおばあさんの2人暮らししていた。
そこに一匹の猫がやってきて
おばあさんは猫が嫌いだけど
飼うことになった。
しかし、おじいさんが死んでしまい
猫と二人暮らしになるはなし

by ミニー(16051)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ポインセチア [赤い花]

無題.png

無題1.png
撮影日:12月3日
撮影場所:奈良県生駒郡

興味をもった理由:
今の時期にぴったりで、
家にも飾ってあるから。

ポインセチアについて
トウダイグサ科
トウダイグサ属
原産:メキシコ、中央アメリカ

特徴:
葉は薄く、楕円形。
花はいわゆる杯状花序である。
その下に着く葉の形の苞葉が
赤く染まるのが鑑賞の対象となる。

ポインセチアに関連する絵本
絵本の題名:『ポインセチアは まほうの花』

絵本の作者:ジョアンヌ・オッペンハイム
絵本の出版社:光村教育図書株式会社

絵本のあらすじ:
フアニータは、貧しくて弟にも贈り物ができないし、
イエス様にも贈る物がないから教会へ行けない、
しかし、「フアニータ」とやさしい声がしました。
ふりかえっても誰もいません。
「フアニータ、わたしの羽のまわりにある
みどりの葉がみえますか?」
フアニータは、きょろきょろして、
目に入ったのは石の天使像の羽です。
「フアニータ、この葉をつんで、もっておいきなさい。」
フアニータは天使像のまわりの葉を
両手いっぱいひきぬきます。
教会へいくと、「きれいね」 「すてきね」
という声が聞こえました。
そのとき、フアニータは両手にかかえた葉が、
星の形をしたまっかな花にかわっているのに
気づきました。
それはみたこともない、美しい花でした。
メキシコの人はこの花を
クリスマスの花」とよぶようになりました。
まどべをいろどるまっかなポインセチアは
クリスマスの希望と、喜びと、奇跡の花なのです。

絵本を選んだ理由:
ポインセチアとクリスマスのつながりなどが
書かれていたから。

by ビスコ(16050)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

シクラメン [赤い花]

無題.png

無題1.png
撮影日 11月22日
撮影場所 泉佐野市

興味を持った理由
赤がとても鮮やかな色で、
花びらが他の花とは違った感じだから


サクラソウ科

シクラメン属
原産
地中海地方
特徴
開花時期は10~4月で花の色は白、ピンク、赤、紫がある。
高さは10~40センチ
高温多湿に弱い
冬季に咲く花だが、寒さにも弱い品種もある。

絵本
『戦火のなかの子どもたち』

いわさきちひろ
岩崎書店

あらすじ
ベトナム戦争中の子どもたちの生き様に
熱い思いを込めた反戦絵本

選んだ理由
独特の絵のタッチであり、
ベトナム戦争はどのようなものか知らないが、
絵を見てその戦争の悲惨さを感じたから。

by みーさん(16120)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

チョコレートコスモス [赤い花]

無題.png

無題1.png
撮影
10月11日
〇撮影場所
・河南町神山

〇興味を持った理由
・名前が可愛らしいなと思ったところと
チョコレートのような美味しそうな
香りがするところです。
・色味が綺麗だなと思ったからです。
・なかなか見れないと思うので
子どもに見せたらいいなと思ったからです。

〇チョコレートコスモスについて
・キク科
・コスモス属
・原産はメキシコ
・特徴は多年草であり、高さは40~50cmになる。
8月から10月にかけて黒紫色の一重咲きの花を付け、
チョコレートのような香りがするのが特徴。

〇チョコレートコスモスに関連する絵本
題名『にじいろのはな』

作・絵:マイケル・グレイニエツ、
訳:ほそのあやこ
出版社:ポプラ社

〇絵本のあらすじ
原っぱにある雪を全部溶かしに
明るく照らしながら昇ってきたお日様の前に
一輪の花が咲いていました。
春を待ちきれなくてにじいろのはなが出てきてしまいました。
そんなにじいろのはなは困っているアリさん、
トカゲさん、ねずみさん、とりさん、はりねずみさんを
様々な方法で助けていきます。
最後の1枚になってしまいましたが
その花びらも無くなってしまいます。
そして、花びらがなくなってしまい
雪に埋もれてしまったにじいろのはなでしたが、
また次の年の春に綺麗に咲いてきました。

〇絵本を選んだ理由
花びら一枚一枚がきれいな色だと思いました。
にじいろのはなのやさしさが
心を暖かくさせてくれていいなと思ったからです。
これを子どもに読み聞かせをしたら
困っている人がいたら助けることも
大切なんだよと伝えれることが
出来るのではないかと思いました。
絵もふんわりとした優しい感じがするので
好きだなと思いました。

by りんご(16007)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

オリーブ [赤い花]

2016-10-07T11 45 55-1429c.jpg

2016-10-07T11 45 54-45fb0.jpg
『撮影日』 ・10月5日
『場所』  ・岸和田市

『興味を持った理由』
・家の庭に、今の家に住み始めてからずっとあるが、
 詳しくは調べてみたことが無かったから。
 知らない間に実が出来ていたのを見つけたから。
 調べてみると、聖書にも関係していることが分かったから。

『オリーブについて』
目:シソ目 Lamiales
科:モクセイ科 Oleaceae
属:オリーブ属 Olea
種:オリーブ O. europaea
学名Olea europaea
和名オリーブ英名Olive

地中海地方が原産とされ、
葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことから
スペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。
紀元前700年頃から古代ギリシアは
オリーブの栽培によって国力を蓄え、
今日の産油国のように繁栄を迎えた。

日本での栽培は香川県小豆島で1910年頃はじめて成功した。
現在は香川県、岡山県や兵庫県、九州などで栽培されている。
宮城県石巻市が東日本大震災からの復興の一環として、
"北限のオリーブ"栽培に取り組んでいる。

日本語では「橄欖(かんらん)」と呼ばれることもあるが、
橄欖は本来オリーブとは全く異なるカンラン科の常緑高木である
これは、オリーブに似た緑色の鉱物オリビン(olivine)を和訳する際に、
まったく違う樹木である橄欖の文字を誤って当てて
「橄欖石(かんらんせき)」と名づけてしまい、
植物のほうも同様に誤字が流布してしまった結果であるという説がある。
ただし、明治初期に和訳された新約聖書マタイによる福音書のなかに
「橄欖山の垂訓」があり、
当時はオリーブを用法の似た「かんらん」と混同ないし、
同一視されていたため、鉱物の誤訳説には疑問がある。

『オリーブに関する絵本』
350_ehon10352.jpg
「ねぼすけスーザのオリーブつみ」

作者/広野多珂子
出版社/福音館書店

あらすじ
今日はオリーブつみのお手伝いの日です。
村の人々が集まって、オリーブ摘みの始まりです。
スーザも手の届くところから摘んでいきますが、
上の方になっている実に手が届かず試行錯誤。
そんな時に、サンチェスの鳴き声を聞いていいことを思いつきます。
サンチェスの背中に乗ったスーザは
またオリーブを摘みはじめました。
みんなで摘んだオリーブの実をキンテロおじさんの家に運び、
今年はじめてのオリーブの油を絞ります。
その夜は、みんなで集まって今年はじめてのオリーブの油に乾杯です。
楽しい夜を過ごしたスーザ、次の日は早く起きられたでしょうか…?

『絵本を選んだ理由』
オリーブを摘むことを、小さな子どもでも疑似体験出来て、
読んでいてとても楽しいかな、と思ったから。
主人公が小さい女の子なので、
自分に例えて想像しやすくてわかりやすいと感じたから。

by ちゃっぷ(16182)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校